ヴィッツ1500RS
オートマ限定免許でもラリーに参戦できるCVT仕様のラリーカー。
イージードライブが可能な上に本格的なラリー仕様で安全性も高く入門に最適なマシンです。2016年トヨタガズーレーシングラリーチャレンジ参戦車両。エアコン・カーナビも装備する快適仕様。

■車両基本仕様
9点式ロールケージ・BRIDEフルバケットシート
TRDラリー用サスペンションキット
シュロスフルハーネスシートベルト
TRD強化サスペンションブッシュ・強化エンジンマウント
ENKEI RC-T4アルミホイール DUNLOPラリータイヤ
BRIGブレーキパッド・ラリー用インターコム

   1300 I/Cターボ
APRCラリー北海道に参戦した本格的なラリーカー。
即ラリー参戦可能なコンプリートカー。高性能なサスペンションとパワフルなターボエンジンを搭載し戦闘力も高い。エアコン装備で暑い夏も快適。

■車両基本仕様
9点式ロールケージ・BRIDEフルバケットシート
エナペタルビルシュタイン60㎜ピストン車高調(APRC仕様)
シュロスフルハーネスシートベルト
TRD強化サスペンションブッシュ・RST強化マウント
ENKEI RC-T4アルミホイール DUNLOPラリータイヤ
BRIGブレーキパッド・ラリー用インターコム
 

   
 
 
 アールエスタケダラリーチームジャパンサポート選手(Driver)
2003年 中部ラリー選手権参戦開始(EK9シビック)
2004年 中部ラリー選手権初優勝
2005年 全日本ラリー選手権参戦開始
2007年 全日本ラリー選手権で初優勝を果たす
2007年 全日本ラリーシリーズランキング3位
2008年 全日本ラリーシリーズランキング2位
2009年 全日本ラリーシリーズチャンピオン獲得
2010年 全日本ラリーにランサーエボリューションで参戦
2013年 全米ラリー選手権(ラリーアメリカ)参戦開始
2014年 全米ラリー選手権参戦(Ford)
2015年 全米ラリー選手権最終戦で2WDクラス優勝を達成(シビック)
2016年 全日本ラリー選手権JN6クラスに参戦開始

全日本ラリーチャンピオンであり日本人初の全米ラリー選手権ウィナーでもある村瀬太選手が安全に速く走るためのノウハウをマンツーマンでご指導させていただきます。
 アールエスタケダラリーチームジャパンサポート選手(CO-Driver)
2001年 コ・ドライバーとしてラリーデビュー
2003年 APRC(アジアパシフィックラリー選手権)参戦開始
2003年 APRCラリー北海道クラス2位
2004年 APRCラリー北海道参戦
2005年 WRCラリージャパンA5クラスで優勝
2007年 全日本ラリー初優勝
2007年 全日本ラリー選手権コ・ドライバーズチャンピオン獲得
2009年 全日本ラリー選手権コ・ドライバーズチャンピオン獲得

2010年 全日本ラリー選手権参戦
2010年 WRCラリージャパン参戦 N4クラス完走
2015年 TRDラリーチャレンジにサポーターとして参戦
2016年 全日本ラリー選手権JN6クラス参戦開始
2016年 TGRRCインストラクターとして参戦

多くのラリー選手権にコ・ドライバーとして参戦し優勝多数。ラリー競技のノウハウをお客様に学んでいただくための講師として参加します。


サーキットにラリーカーを持ち込んでマンツーマンレクチャーを実施。


アールエスタケダのラリーカーレンタルプラン(RCRP)は初めてラリーに参戦する方を対象とした特別なプログラムです。そのため表記のコストにはラリーに参戦するまでに必要な学習プログラムや練習プログラムなどのすべてが含まれています。参加するラリーの種類によってレンタル費用は異なりますが、今回は「トヨタガズーレーシングラリーチャレンジ」へ初めて参加する方を対象とした費用をご紹介します。競技の参加中は専用のラリー保険によってあなたの参戦は保護されています。対人・対物・乗員の怪我への備えはもちろんのこと、車両本体の破損に関してもプログラム参加者は追加で修理代金などを請求されることはありません。

 他にはない圧倒的なサポート体制こそがアールエスタケダRCRP(ラリーカーレンタルプラン)の魅力です。

 

※プログラム参加者のエントリー代金は以下の費用に含まれます。ラリー参加申し込み手続きはアールエスタケダが代行して行います。
 
CVT/オートマチック車両
  (税込)
 
5速マニュアル車両
 (税込)
 ※上記のレンタル料はTGRRC(トヨタガズーレーシングラリーチャレンジ)参戦の場合の金額です。

 
ラリー車両レンタル費用 ラリー保険料 (車両保険含む) TGRラリーエントリー費  ラリータイヤ(新品)4本 
ドライビングレッスン講習料(1回)  ラリー競技基礎講習(3回)  サービスクルー派遣費用  サービスカー派遣費用 
サービスクルー交通費  サービスクルー宿泊費   本戦前車両メンテナンス費用 テスト前車両メンテナンス費用 
サーキットでの練習(1回) 一般道での習熟走行(3日間)  コ・ドライバー派遣費用  コ・ドライバー宿泊費用 
 レンタル中の全油脂類交換費用 ブレーキパッド1セット  練習用タイヤ(4本)  HANSデバイスレンタル費用 
※ラリー参戦にはJAF発行のBライセンスが必要です。お持ちでない場合でも弊社で取得をサポートしますので安心してお申し込みください。

 
レンタル期間中のガソリン代  練習・本戦時の交通費  ラリー参戦時の宿泊費実費 

※サーキットでの練習中に車両を破損した場合は全額自費修理となります。一般道での事故はレンタル車に付帯する任意保険で担保されます 
 
 

レーシングスーツやヘルメット、グローブなどのギアは体に身に着けるものでサイズや好みも人それぞれですので、ご自身でご用意されることをお勧めいたします。アールエスタケダでは入門に最適なレーシングギアを各種ご用意しています。お気軽にご相談ください。

   
 
 ラリー用ヘルメット(インターコム付き) レーシンググローブ  レーシングスーツ 
 価格:50000円~80000円程度 価格: 10000円~25000円程度 価格: 30000円~200000円各種あり

※現在お持ちのヘルメットにインターコムキット(通信用のマイクとスピーカー)を取り付けることもできます。
※レンタルプランに含まれる頸椎を守るためのHANSデバイスは専用のHANSポストが取り付けられたヘルメットでないと装着できません。

 
ヘルメットに装着されたHANS固定用ポスト
 
ダミーによるHANSの効果実験

 
 
申し込み・お問い合わせ方法は簡単です。下記のフォームから対象イベントを選びエントリーしてください。後日、弊社コーディネーターと打合せを行い参戦に向けたスケジュール作りを進めていきます。今回初めてラリー競技に参加される方は、申し込みから参戦まで約3か月ほどの準備期間が必要です。申し込みからラリー参戦まではおおむね以下のようなスケジュールで進めてまいります。

※カリキュラムの内容は参加される方のレベルにより異なります。以下はまったく初心者の方を対象とした例です。

 


↓プログラムへの参加申し込み・お問い合わせは以下のフォームから ↓
 

※上記フォームからのお申し込みはお問い合わせであり、正式なプログラムへのお申し込みではありません。プログラムは正式な申し込み完了後RCRP契約書への署名と押印をもって有効となり、開始されます。このフォームからのお申し込みで参加が確定することはありませんのでお気軽にお問い合わせください。

 2017年トヨタガズーレーシングラリーチャレンジスケジュール
 

 RCRP車両予約状況
 参加ラウンド名 STARLET(EP91) 5MT  VITZ (NCP91) CVT
 4月2日開催 静岡(静岡県)   ○エントリー可能 ○エントリー可能
 4月23日開催 木曽(長野県  ○エントリー可能 ○エントリー可能 
6月4日開催 恐竜勝山(福井県)  ▲仮予約中   ○エントリー可能 
8月27日開催 丹後半島(京都府)  ▲仮予約中   ○エントリー可能
 10月8日開催 高岡万葉(富山県)  ▲仮予約中   ▲仮予約中  
 
 
 
 
「思い立ったが吉日」という言葉通り、何事でもやってみようと思った時に挑戦するのはとてもよいことです。しかし、ラリーに参戦するには専用の車を製作したり一緒に走ってくれるコ・ドライバーを探したりサービスクルーを手配したりと高いハードルがいくつかあり、そうそう簡単に始められないのが現実。そんなときに本プログラムをご利用いただき、まずは一度ラリー競技のすべてを体験してみてください。

   

このプログラムを終えた後であなたは何を思うのでしょうか。あなたの日々の生活に「ラリー」が新しい息吹を生み、素晴らしい人生を送る一助となることは想像に難くありません。さぁ、私たちと一緒に新しい世界の扉を開けようではありませんか。
 
 
RCRPのお問い合わせはアールエスタケダまでお気軽にどうぞ。

     
  
 
         
 
 RS.TAKEDA World Rally Team
RS.TAKEDA Rally Team Japan
RS.TAKEDA RCRP2017